業務改善に最適な労務システムでさまざまな業務を一括管理!

男性社員と女性社員

人事労務管理システムで社員情報を共有化!必要な人材確保に!

赤色のネクタイ

社内における人事異動で、必要なスキルや経験を有する社員を人的資源が不足している部門へ配置転換したいと考えていませんか?しかし、取得している資格や外部教育の受講履歴、社内における経験などの情報が所属部門でしか完全に把握されていないこともあります。そのため、人事異動の際、選定条件を見誤ったり、不適切な人事異動を行う要因になります。そこで人事労務管理システムを導入して社員情報を共有化しませんか?
人事労務管理システムを利用することで、部門同士のニーズに対応することができます。人事労務管理システムを利用すれば、社員の個人教育履歴や資格情報を登録することができ、必要な資格を持つ社員が退職し資格者不在により法令違反に抵触するといったリスクも回避できます。人事労務管理システムでは、社員検索も行うことができ公的資格の情報も検索できます。
また、さまざまな講習の受講履歴も管理でき、同じ講習を部門が変わったことでダブって受けてしまうこともありません。さらに人事労務管理部門では管理しきれない資格情報を所属部門から登録することで、給与計算時に資格による加給も容易に行えるようになります。社内でも重要な資格を取得しているものの、申請手続きの漏れで給与に反映されない、資格が活用できない部門ばかり異動先になるといったこともなくなります。

人事情報や勤怠情報から給与や賞与計算が自動化できる!

労務管理部門で、給与計算や賞与計算の時間や手間に悩まされていませんか?勤怠管理システムから勤務時間の集計を行い、人事情報を管理しているシステムから給与計算のベースデータを確認しながら作業を行うのは時間がかかります。また、社員の給与をエクセル計算しているのであれば、人事労務管理システムを導入してみませんか?
人事労務管理システムは導入コストが数十万円や数百万円を超えるというイメージがあるものの、それは過去のイメージです。今では月額数万円で利用できる人事労務管理システムも多数あります。勤怠情報から人事情報そして給与計算まで同一システム内で行うことができます。人事評価が給与計算に自動反映されるため、年度末から翌年度4月の給与計算を行う際でも最新の基本給や時間外の加算などのマスタ情報を書き換える必要がありません。また、同様に賞与計算も支給月数を登録、年2回など按分する、2回分の月数が異なる設定なども可能です。
そのほかにも、交通費補助の支給額も距離を登録するだけで自動計算、公共交通機関の運賃などが自動計算されるなど、給与併給を行う際にこれまで個別計算していたものを一括で行うことも可能になります。給与や賞与計算を自動化し、人事労務管理を行う部門は職場環境改善などの業務に千円してみては如何でしょうか?

人事労務管理システムで勤怠管理や給与計算!そして財務まで連携可能

社員の人事や労務管理を異なるシステムで管理し、連携を繰り返すといったことに陥っていませんか?ITシステムの発展に伴い、段階的に導入したシステムにおいてデータ連携により業務効率が悪化しているケースも少なくはありません。そこで、最新の人事労務管理システムを導入してデータ連携により業務効率を改善してみませんか?
労務管理で最も日常的なものは、勤怠管理でありタイムカードなどのシステムで勤務時間を管理します。しかし、勤務時間のデータを給与計算システムとでデータ受け渡しを行っていませんか?社員が多く、毎日蓄積されるデータは取り込みにも時間がかかるだけでなく、データ連携が上手くいかない場合、計算ミスにも繋がります。また、給与支給前に纏めて計算するのは業務効率も良くはありません。しかし、人事労務管理システムは勤務時間データの集計と給与計算を同一システムで行います。そのため、データ連携を行う作業がなくなります。
また、人件費データを財務システムと連携する必要もあります。これまで仕訳データをエクセルなどで作成して受け渡していたものが、CSVデータとしてエクスポートできます。エクスポートされたデータを指定のフォルダから自動取り込みするよう連携させることもでき、人事労務管理部門と経理部門の連携時の業務効率も改善できます。

注目記事

効率化を図るから人事労務システムを導入してみましょう

人事などの労務管理の効率化を図るなら人事労務管理システムを導入してみませんか。労務管理には新卒や中途入社の手続きから退職手続き、産休などの各種休暇の申請、給与算出など多岐にわたる業務が含まれています。その幅広い業務を一元管理でき、手続きも簡素化することができ、一部の業務に関しては申請者自身が手続きを行えるので、業…

MORE

労務管理の書類業務を一元管理化して業務改善を図ろう

人事や労務管理の業務において、昨今はペーパーレス化が浸透してきています。具体的には人事労務管理システムを導入して書類の情報を一元管理し、業務効率の改善を図る方法となります。システムの導入で作業効率をよくする対策は他の部門でも様々に導入が進んでいますが、書類管理が煩雑な労務管理部門においてはその効果が絶大です。例え…

MORE

新着情報

  • 煩雑な人事労務管理は専用システムで適切に管理

    企業の中でも、人事や労務管理の仕事は煩雑になりがちで、一元管理できない場合もあります。細かい手続きや計算などが必要ですから、手作業だと膨大な時間がかかってしまいます。表計算ソフトなどを用いたとし…

    MORE
  • 検索のメリットに注目するなら労務管理システムを使おう

    労務管理システムは、ペーパーレス化を進めることで、人事の書類作成などを楽にしてくれます。これには、「書類探しがしやすくなる」というメリットもあるため、探し物で困っているときは、人事労務管理システ…

    MORE